酵素の副作用について

酵素を摂取したときには個人差がありますが副作用が出ることがあります。
主に頭痛や低血糖、便秘に下痢、目眩いにだるさや眠気にニキビ、吹き出物や植物性アレルギーなどです。

 

酵素はあらゆる生物の体内にある物質で、体の外から摂取するときには酵素の原料は野菜や果物が殆どで自然の素材なので、植物性アレルギー以外の悪性の副作用は殆ど起きません。

 

植物アレルギーの場合は、酵素食品の中に含まれている原料の野菜などを確認してから医師に相談してから取ると安心です。
他の症状は好転反応で出る症状と言われています。

 

好転反応は体内の毒素や老廃物が排出されて、健康体になるときに身体に出る症状です。
酵素を摂取すると身体の働きが改善されて、好転反応が出る人もいます。

 

ニキビや吹き出物は代謝の改善や消化が良くなることで、体内の毒素や老廃物が排出されている症状です。
頭痛や低血糖は、酵素の摂取量が少なくなると血糖値が下がり、頭痛や低血糖になりやすくなります。

 

便秘や下痢は、食事の量が少ないと便秘になりやすく、酵素は便秘解消の効果もあるため過剰に摂ると下痢などの症状も出ます。

 

症状が長引いたり、悪化してきたら摂取するのを止めて病院で診察を受けた方がよいです。
食品などに記載されている用法や用量を守って、便秘薬や下痢止め薬を併用しないことも大切です。

 

元々生物の中にあるものなのですし、原料である野菜や果物で副作用が起きないように基本的には起きることはありません。
サプリメントのときも心配は殆どないといえて、サプリの場合でも野菜や果物を熟成や発酵させて自然の素材を原料にしています。